基礎看護学実習Ⅱ・高齢者ケアシステム実習を終えて

私たち2年生は7月に基礎看護学実習Ⅱと高齢者ケアシステム実習を行いました。

基礎看護学実習Ⅱでは、初めて患者さんを受け持ち、援助の計画から実践までを行いました。患者さんとのコミュニケーションから得た情報や病気や薬の知識をもとに、患者さんの個別性にあったケアを実践することに奮闘した2週間でした。病棟での実習を通して、患者さんと信頼関係を築くことの大切さ、日々変化する患者さんの状態から、今本当に必要な援助は何かをその場で判断することの難しさを学びました。

h28_koreisya01.jpg

高齢者ケアシステム実習では、高齢者施設へ伺い、病院とは違う施設という生活の場での看護について理解を深めることができました。利用者の方とコミュニケーションを図ったりケアの見学をさせていただく中で、施設という限られた生活の場の中で、利用者が安心して過ごせるようケアを行なっている施設の方々の姿が印象に残っており、高齢者との関わり方について学びを深めることができました。

h28_koreisya02.jpg

どちらの実習も実習先の方々、先生からのアドバイス、グループメンバーと協力して学ぶことで、実りのある実習にすることができました。また、実際に臨床の場で実習することで、1年生から今まで学んだ机上の知識をより具体的な知識にすることができました。自分の理想とする看護師像に近づけるよう、後期からの学習も頑張っていきたいと思います。

2年M.Y

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ