保健師実習

 順天堂大学医療看護学部では、看護師、保健師、助産師の資格を、4年間の中で取得できるチャンスがあります。3年生の後期から4年生の前期に行われる分野別実習の後は、各人が目指すべき将来に分かれて実習が行われます。今回は、保健師の資格取得を目指す学生が、4年生の9月から11月にかけて行う保健師実習について紹介します。

 保健師実習は大きく分けて、行政実習と産業実習に分かれています。行政実習は市役所や保健所で行う実習で、産業実習は企業で行う実習です。地域や産業で看護の対象となる人は、健康レベルも幅広く、健康への関心や興味が必ずしも高いというわけではありません。私たちが行政実習の中で行った健康教育では、集団に対しての有効なアプローチ方法や、健康に対してより関心を得ることができるような工夫を考えて行い、とても勉強になりました。保健師実習を通して地域や働く方の健康を維持増進させるための働き掛け、また予防的な視点を学ぶことができました。

 この実習での学びは、将来、保健師として働いていくうえではもちろん、病院で看護師として働く際も、患者の退院に向けた継続的な支援を行っていくうえで大切な視点であり、病棟での実習とはまた違う角度から、健康を見直すことができました。

4年 M.T.

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ