3年生分野別実習を終えて

 こんにちは!今回は医療看護学部3年生で行う「分野別実習」について紹介します。
 分野別実習とは、人の一生におけるさまざまな年代や身体の状態にある方々や患者さんに対し、それぞれの状況に応じた看護を実際に病院や在宅などの医療の現場で学んでいく実習です。
 それまで座学でも学んでいた看護を、実際に行うということはやはり大変で、毎日受け持ちの患者さんの病態や治療の状況を調べ、その方に本当に必要な看護は何であるかということに、四苦八苦しながら繋げていく日々でした。実習を進めていくにつれ、1年生の時から積み重ねてきた授業の重みと大切さが、改めて身にしみて分かります。毎日の実習の終わりには、看護のあり方について班員と先生でディスカッションするカンファレンスを行い、それは共に悩みながら理解を深め合う大切な場となりました。日々目まぐるしく変化していく状況の中で、仲間と支え合い、学びを進めていくことで、より大きな達成感が得られました。
 今回の実習は実際に長期間患者さんを受け持ち、看護していくのでとても大変でしたが、この実習を通して「自分のやりたい看護とは何か」を深く考えるようになりました。人をどのように捉えるのか、その人に何が本当に必要なのか、看護師として何ができるのか。それは十人十色と言われるように、その答えもさまざまです。患者さんの為にまず自ら考え、そして他の職種と協力しながら的確なケアを発信・実行していく、現場の真剣さとプロフェッショナル精神にとても感動した実習でもありました。

3年 R.T

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ