3年生の約3か月間にわたる分野別実習を振り返って

 皆さん、こんにちは! 投稿が遅くなってしまいましたが、2021年9月から12月初めまでの分野別実習を無事に終えました。

 分野別実習とは何だろうと思われた方もいるかもしれません。順天堂大学医療看護学部では、1年生の時から臨地実習を行っており、3年生と4年生で行う「小児」「成人(急性期)」「成人(慢性疾患)」「高齢者」「精神」「母性」「在宅」という7領域での実習が「分野別実習」と呼ばれています。それぞれの領域で2~3週間ずつ、合計すると3年生で約3か月、4年生で約2か月という長期間の実習となっています。

 新型コロナウイルス感染症の関係で、私が2年生の時の実習は病院で行うことができず、学内もしくはzoomを用いてオンラインでの実施となったため、2年ぶりの臨地実習となりとても緊張しました。それでも、グループのメンバー10人と励ましあい、協力しあい、臨地実習の一日の流れや担当看護師への報告の仕方、患者さんへの援助を考えるときのポイントがわかるようになるなど、沢山成長して何とか3か月間を乗り切ることができました。

 4年生でも分野別実習のグループは変わらないので、また引き続き皆と一緒に頑張りたいと思います!

3年 M.F

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ