カテゴリー「実習」の記事

基礎看護学実習Ⅱ・高齢者ケアシステム実習を終えて

私たち2年生は、7月に入り、基礎看護学実習Ⅱと高齢者ケアシステム実習の2つの実習を行いました。

基礎看護学実習Ⅱでは、1年次の実習とは異なり、実際に患者様を受け持たせていただき、実習を行いました。看護計画を立てても日々変化する病態や体調により、立てた計画の実行が難しかったり、その場で即座に変更することが必要になったりと、看護の対象が「人」であることを強く感じることができました。

高齢者ケアシステム実習では、介護老人保健施設での実習を行いました。実習の内容は、見学がメインとなりましたが、たくさんの学びがありました。自立を促進していくための工夫や声掛けの場面は、3年生後期から始まる分野別実習でも患者さんのできる力を強めるために、看護師として求められるスキルだと感じました。

今後の学習や実習に向けて、知識や技術の不足など自分の課題を具体的に見出すことができたと共に、看護師になりたいという気持ちをあらためて強く感じる機会となりました。今回の実習での経験を忘れずに成長していきたいです。 

2年 T.M

分野別実習を終えて

3年生の後期から4年生の前期にかけて分野別実習が行われました。
成人看護学Ⅰ、成人看護学Ⅱ、高齢者看護学、母性看護学、小児看護学、精神看護学、在宅看護学、それぞれの分野で多くの学びがあり、色々な経験をすることができたと思います。

h27bunya02.jpg

分野別実習では、実際に病院に行ったり、施設に行って患者さんを受け持たせていただき、看護を展開していきます。
今まで学校で勉強してきたことを基本として、患者さん一人ひとりの看護を、看護師さんや先生のご指導をいただきながら考え実践していきます。勉強していたことを実施するためには、更に学習が必要となることもあります。

h27bunya01.jpg

実習中は忙しく辛い時もありましたが、頑張った分だけ達成感がありました。また、同じグループの子達や先生方にも助けられ、自分一人ではなくみんなで乗り切り、チームの大切さも知りました。とても実りのある実習でした。
実習で学んだこと、感じたことは貴重なものです。これから看護師になってからも忘れずに大切な経験として活かしていきたいと思います。

4年 Y・T

顕微鏡・解剖学実習

5月27日に、医療看護学部一年生全員で、本郷・お茶の水キャンパスに行き、顕微鏡実習と解剖実習を行いました。

顕微鏡実習では、今まで教科書でしか見たことが無かった細胞の標本に興奮を覚えつつ、黙々とスケッチをしました。それぞれの部位ごとに特徴があり、最初は同じ細胞でも分化することでこんなにも違うものかと、改めて感じこれからの勉強に対する意欲も湧いてきました。

顕微鏡・解剖学実習

さらに、解剖実習では身体の中の仕組みを詳しく見る機会をいただきました。今まで教科書でしか見たことがない身体の部位に、最初は戸惑いや不安もありましたが、自分の身体の仕組みについての理解と驚きが生まれ、このような経験は貴重なのでたくさん質問して理解を深めようと努めました。

顕微鏡・解剖学実習

これから、身体のこと、看護のことをたくさん学んでいきますが、一年生の今の時期に貴重な経験をさせていただき、より意欲的に取り組んでいくことが出来るようになると思っています。また、病院の雰囲気を直に感じることが出来たことで四年後の自分がどのように医療に関わっていきたいか、考えさせられる部分が多くありました。本当に充実した顕微鏡実習、解剖実習でした。

一年 I .C

スキー実習に参加して

2月24日~28日に蔵王温泉スキー場にて、スキー実習が行われました。5日間という限られた時間の中で、一人ひとりが充実した時間を過ごすことができたと思います。

このスキー実習を振り返り、多くの人が口にすることは、「本格的な指導」についてではないでしょうか。インストラクターは、スポーツ健康科学部から指導に来ていただいているため、想像以上に本格的なスキー技術の指導を受けることができました。

平成26年度スキー実習参加者

班のメンバーで励まし合うことで、日を追うごとにそれぞれが上達していくのを感じました。初めて話す学生もいましたが、中々うまくいかずに苦労したことやできた時の喜びを共有し、最終日には仲良くなることができ友人の輪も広がりました。個人のスキー技術の向上に加え、団結力や協力することの大切さも再確認することができたと思います。ハードな実習ではありましたが、それ以上に達成感が大きく、参加して本当に良かったと感じています。

スキーができる方もそうでない方も、インストラクターや友人たちに支えられて本当に楽しい時間を過ごすことができるので、興味のある方はぜひ参加してほしいと思います。

平成26年度スキー実習の様子
平成26年度スキー実習での風景

1年 T.M

医療看護研究の授業の魅力について

3年次後期に行われる「医療看護研究Ⅰ」の授業は、看護研究の基本的な研究過程のうち、研究計画書の完成までを実践します。

 授業では、自分で決めたテーマに応じて、成人看護、高齢者看護、小児看護などの各分野を専門とする教員の指導を受けながら研究計画書を作成してい きます。同じようなテーマをもった数人の学生が集まり、それぞれの研究テーマについて疑問に思ったことや気になることをディスカッションしたり、教員から の個別指導を通して研究的に解決するための方法を考えることができます。そのため、初めて作る研究計画書でしたが一つ一つの課題を克服しながら完成させる ことができました。

 この授業の最大の魅力は自分のテーマに応じて希望する分野を選択できるので、興味関心のある分野についての知識を深めることができる点だと思いま す。また、グループのメンバーは自分と同じような研究テーマをもつ学生であるので、自分一人では学べなかった新たな知識を共有したり、自分とは違った視点 からの意見をもらえることもこの授業の魅力です。研究計画書を作成する中で、一つのテーマについて集中的に調べることで最新の知見やより深い知識を得るこ とができました。4年次に開講される「医療看護研究Ⅱ」では、今回「医療看護研究Ⅰ」で作成した研究計画書を活用して実際に研究することができます。「医 療看護研究Ⅱ」は選択科目ですが、時間をかけて考えた研究計画なので履修してみたいという学生も多いです。

とても勉強になる授業なので、是非楽しみにしていてください!

広報委員 3年 K.K

pics399.gif

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ