カテゴリー「実習」の記事

分野別実習前半を終えて

 3年次~4年次にかけての分野別実習では、母性・小児・成人Ⅰ(急性期)・成人Ⅱ(慢性期)・高齢者・精神・在宅の7つの分野の実習を、病院ごとに特徴のある医療を行っている順天堂大学医学部附属5病院で主に行います。
 分野別実習前半の約2ヶ月半を終えた今、様々な分野での学びを通して、自分は将来どのような病院で、どの分野で働きたいのかを自然と意識するようになりました。また分野別実習では患者さんのご協力を得て私たち看護学生も医療者の一員としての自覚をもって関わり、緊張感と責任を感じるようにもなりました。
 実習が始まる前は、毎朝きちんと早起きできるのだろうか、病棟はどんな雰囲気なのだろうと不安でいっぱいでしたが、患者さんとの出会いや臨床指導者の方、指導教員の熱心なご指導により、充実した毎日を送ることができました。また実習を通して同じグループの学生と共に、実習中の悩みや不安を共有し、お互いを認め合うことで強い絆が生まれたように思います。
 今回の前半の実習の反省点もふまえ、来年5月からの分野別実習後半に向けてより一層勉強に励みたいと思います。

3年 S.T

20141211-1.png

 母性看護学実習では生まれたばかりの赤ちゃんとお母さんを受け持たせていただきました。沐浴は授業での演習通り行えるか緊張しましたが、気持ち良さそうな赤ちゃんの表情にとても癒されました。
新しい命が生まれるまでの大変さやご家族の様々な思いにふれ、これから出会う患者さんを尊重しなければならないということを改めて強く感じた実習になりました。

3年 M. I

20141211-2.png

課題実習を終えて

 4年次最後の「課題実習」では、自分でテーマを決めて実習を行います。今までの実習をさらに発展させ、自ら計画し進めていきます。私は助産課程を選択したため、課題実習を分娩介助実習と並行して行いました。

 産婦に対し「分娩進行中のリラクセーションの促進」に視点をおき、アロマを用いた足浴を実施しました。そこで、産婦との関わりを通して「緊張緩和は、産婦が主体的にお産に臨んでいく上で重要である」と学びました。

 実習後の成果報告会では、助産分野で各テーマに沿って取り組んだ仲間同士、学んだことを共有することができ、さらに学びを深めることができました。

 お産や子育ては、女性にとって数少ない体験です。母親にとって、お産が「産んでよかった。」という良い体験となり、これからの子育ての励みとなるように、課題実習での学びを活かしていきたいです。素敵な助産師になれるように、さらに学習に励んでいきたいと思います。

広報委員4年 T.F

基礎看護学実習Ⅱと高齢者ケアシステム実習を終えて

 2年生の7月に基礎看護学実習Ⅱを2週間、高齢者ケアシステム実習を1週間行いました。

 基礎看護学実習Ⅱでは、初めて患者さんを受け持ち、ケアの計画、実施をさせていただきました。患者さんとコミュニケーションをとったり、病気の状 態や薬の副作用などを調べたり、患者さんに寄り添ったケアを行うために日々奮闘した2週間でした。今後も、勉強を重ねていくことで知識や経験を増やし、患 者さんの安心につなげられるようにしていきたいと思っています。

 高齢者ケアシステム実習では、病院とは違う看護師の役割を学ぶことが出来ました。実際に施設を利用している高齢者の方とコミュニケーションをと り、食事介助、入浴介助をさせていただいたことで学んできた知識が実際とつながって理解を深めることが出来ました。レクリエーションにも参加し、高齢者の 方たちと一緒に楽しみながら実習をしました。

 どちらの実習も、施設の方々、先生や実習メンバーの力を借りながら実りある実習を行うことが出来ました。

広報委員 2年 Y.M

20140827-2.jpg

iPadを用いて授業を行いました

基礎看護方法論Ⅲの授業では、iPadを使って動画を取りながら膀胱留置カテーテル挿入の技術演習を行いました。iPadを使用した演習は、いつも とは違った雰囲気で緊張しましたが、演習の後に動画で確認して、自分の技術の良かったところや悪かったところを客観的に見直すことができ、とても勉強にな りました。授業にiPadを取り入れることで、看護技術の演習をより効果的に行うことができたと思います。これからも医療現場で求められる技術の習得に向 けて学習を続けていこうと思いました。

以下は今回の授業内容です。

  • 科目名:基礎看護方法論Ⅲ
  • 単元名:排泄障害のある患者の看護
  • 演 習:膀胱留置カテーテルの挿入

広報委員 2年 F.N

20140520.jpg

2013年度スキー実習

2月25日~3月1日の5日間、山形県の蔵王でのスキー実習に参加しました。
初日は、スキー板をつけた状態で平らな道を歩くことすら難しかったのですが、スポーツ健康科学部の先生が一人ひとりの実力に合わせて丁寧な指導をしてくだ さいました。なだらかなところで滑って八の字で止まることから徐々に段階をふんで基礎練習をし、2日目の午前中にはターンもできるようになりました。初め てリフトに乗った時はうまく降りられず、ゲレンデの傾斜も怖かったけれど、何度も練習を重ねることで体が自然に慣れ、3日目にはツアーコースを1周まわり きることができました。4日目のスキーツアーは、前日に自分たちが考えたコースを班ごとに滑りました。当日は天候が悪くて霧で視界が遮られ、それまでとは 違う環境の中で滑ることに不安もたくさんありましたが、班員で協力して無事にみんなで楽しくゴールすることができました。

本当に5日間、楽しかったです。

1年 初心者コース班

20140304.jpg

« 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ